前回の「エアロの作り方」はクレイを使った造形を紹介しましたが、今回は実際にエアロパーツを製造する工程を紹介したいと思います。造形によって完成した「型」を使って、ガラスマットや樹脂によってFRPのエアロパーツを生産しています。エアロ製造の現場をぜひご覧ください!

【Chapter/チャプター】
0:00〜 『KUHLエアロ工場の紹介』
3:24〜 『第1工程・黒ゲルを塗る』
6:26〜 『第2工程・ガラスマットを貼る』
12:55~ 『番外編・FRPの違い』
16:58~ 『第3工程・バリをカット』
17:35~ 『第4工程・型をドッキング』
18:58~ 『第5工程・型から剥がす』
20:33~ 『最終工程・カット&仕上げ』

⬇造形編の動画はコチラ⬇
【クルマのカスタム雑学 #01】エアロパーツができるまでを紹介。クレイモデルの造形編。|KUHL Racing SUBARU WRX STI

⬇各種お問い合わせはコチラ⬇

+コンプリートカーやチューニングのお問い合わせはコチラー+
【クールレーシング名古屋】
◆住所:愛知県名古屋市緑区大根山2-503
◆TEL:052-693-9805
◆営業時間:10:00〜19:00
◆定休日:水曜日、年末年始、GW
◆URL:http://ruf-gt.co.jp

+エアロパーツのお問い合わせはコチラ+
【KUHL JAPAN】
◆TEL:052-693-9893
◆メール:japan@kuhl-racing.com
◆URL:http://kuhl-japan.com

+KUHLのニュース記事サイトはコチラ+
【KUHL Fam!】
◆URL:http://kuhl-japan.com/kuhlfam/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *